レーザーを照射することで強い熱と衝撃を与え、タトゥーの除去のレーザー照射法というのは、タトゥーを除去していきます。
効果が大きいことから最も効率的な除去方法と言え、お肌に大きな傷を付けてしまうこともありません。
結婚式で露出のあるドレスを着たい、またプールや温泉に入ることが出来なかったり、などと言った理由で、タトゥー除去を希望する人が増えています。
様々な治療法によって元の綺麗なお肌を作ることができタトゥーを消すことが出来ないと悩む必要はありません。

 

タトゥーの除去方法も今では皮膚移植・アブレーションなどといったものが広く使用されています。
自分に最も適しているタトゥー除去の施術を選ぶためにも、まずはカウンセリングを受けてみてください。





川元誠一の紹介
川元誠一
URL:http://datazoo.jp/w/%E5%B7%9D%E6%9C%AC%E8%AA%A0%E4%B8%80/3475631


《基礎知識》様々な治療法が考えられる効果的なタトゥー除去ブログ:18-8-05

コンバンワー

年々ハロウィーンのイベントって
盛大になってきていますね。

お化けに仮装した息子たちが
「Trick or treat?(おかしをくれなきゃいたずらしちゃうぞ)」
と言いながら、家々を回るハロウィーンを
日本のおかしメーカーが放っておくわけもありませんでした。

チョコレートやクッキーのように
限定したおかしではなく、
おかしという括りなら参加自由というのは、
絶好のビジネスチャンスでしょう。

ショートケーキはもちろんのこと、
お煎餅や団子までハロウィーン仕様で登場しています。

日本の秋の行事は、
各地のお祭りやトレーニング会くらいしかないため、
ハロウィーンが10月というのも幸いしたのでしょう…

そもそもハロウィーンというのは、
カトリックの聖人をお祭りするもので、
ハロウィーンには死者の魂がこの世に戻ると言われています。

息子たちがお化けの姿に仮装するのは、
あの世から来た悪魔が取りつかないようにとか、
逆に悪魔を驚かすためだそうです。

カボチャの提灯の由来は、
素行の悪い男が死んでもなお聖人を騙したため、
地獄さえも行けず、その魂は闇夜をさまようことになりました。

その時カブをくり抜き、
悪魔から与えられた灯を入れて提灯にしたというのが元ですが、
ドイツではカブより馴染みのある
カボチャになったということだそうです。

それにしても、
仮装もおかしもその言葉だけで
息子たちはワクワクしてしまうでことでしょう。

それに便乗して大人もワクワクし、商売も繁盛する…
それが日本的ハロウィーンということだと思います。

嗚呼,気分爽快